<< からだに沁みます。     『夏から秋へ渡る橋』、春編。 >>