<< 『有元利夫展』と2度目の『菊うら』。     お昼の楽しみ。 >>