<< 「ブラッド・ダイヤモンド」再び。     映画「M:i:III」を鑑賞。 >>